コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

みんなの党、参院比例に吉田鈴香氏を公認(産経新聞)

 みんなの党は11日、参院選比例代表にジャーナリスト、吉田鈴香氏(51)を公認すると発表した。また、京都選挙区で擁立を決めていた医師、田中宏明氏(42)の公認取り消しも決めた。田中氏が出馬辞退を申し出た。

【関連記事】
みんな江田氏、民主との連立は「絶対ない」
みんな・渡辺氏、民主は「選挙第一」「人をだます政権」
平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」
敏いとう氏、田島みわ氏とマイク対決だ
亀井金融相辞任…菅内閣わずか2日で大混乱
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

患者負担でHIV検査 院内感染防止で聖隷横浜病院(産経新聞)
「脱小沢」カラー鮮明に 「七奉行」全員を要職(産経新聞)
30分前に不審男目撃 東大阪の中古車店長切りつけ事件(産経新聞)
普天間問題から財政再建まで――菅政権が抱える課題とは(Business Media 誠)
公安庁がオウム関連2施設に立ち入り 新拠点と最大拠点(産経新聞)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

がんばれ宮崎! 全国から善意=「ふるさと納税」大幅増―義援金も続々・口蹄疫被害で(時事通信)

 「人ごとではない」「何かをしたい」。口蹄(こうてい)疫被害に苦しむ宮崎県に、支援の輪が広がっている。東京・新宿の県産品アンテナショップでは募金箱に義援金を投じる人が後を絶たず、「ふるさと納税」による寄付も増えている。
 JR新宿駅近くにあるアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」。入り口に募金箱が置かれ、開店直後から次々とお金が投じられる。宮崎とは縁のない人も多く、渋谷区の主婦菅原絵理子さん(48)は「自分も病気をしたとき、いろんな人に助けてもらったので」と話す。東京都青梅市の女子大生(20)も「前回は鳥インフルエンザで今回は口蹄疫。頑張っている姿を見ると泣きそうになる」と目を潤ませた。
 感染が最初に確認された同県都農町出身の会社員河野賢治さん(54)=千葉県八千代市=は「役場などに知人もいるが、今は電話もしにくいので募金した。早く終息してほしい」と思いを込めた。
 ショップの広報担当によると、今月中旬に募金箱を設置して以降、集まった義援金は300万円以上。「頑張ってください」などと声を掛ける客も多いという。
 居住地以外の自治体に寄付する「ふるさと納税」も急増。宮崎県への寄付は、昨年度計約400万円だったが、今年は今月7~24日だけで2800万円を突破。被害の大きい同県川南町にも、既に昨年度の約7倍に当たる355万円が寄せられた。
 担当の県財政課には、全国から問い合わせや激励の電話が殺到。「日本の畜産のため頑張って」「一刻も早く終息を」などのメッセージが寄せられるといい、担当者は対応に追われながらも、「大変ありがたく思っている。有効な形で使わせてもらいたい」と話している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
クボタ、口蹄疫被害支援で1000万円
反対農家除き終了=ワクチン接種
赤松農水相、30日にも宮崎入り

<普天間移設>「あまりに許せない」 沖縄から激しい怒り(毎日新聞)
署名抜き「首相発言」で調整=対処方針、28日に決定へ―社民となお溝・普天間移設(時事通信)
<掘り出しニュース>「ハイブリッド車の分解展示」内覧会、応募殺到、予定の3倍超/埼玉(毎日新聞)
外交文書30年で原則公開、廃棄・非公開は新委員会で決定(産経新聞)
【ワイドショー通信簿】鳩山弟の自民離党 「さんざんな評判」の理由
コンテントヘッダー

【断面 2010参院選】小沢氏、郵政票に秋波 改革法案成立、局長会で宣言(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は23日、名古屋市内で開かれた全国郵便局長会(旧全国特定郵便局長会)の総会に出席し、局長会の念願である郵政改革法案を今国会(会期末6月16日)で成立させる方針を宣言した。内閣と党の支持率が低下し、政権交代を後押ししてくれた無党派層の支持を夏の参院選では望めなくなった民主党にとって、全国40万といわれる「郵政票」は、のどから手が出るほど欲しい票となっている。(斉藤太郎)

 「今国会での(郵政改革)法案の成立を、この場でお約束する」

 小沢氏のあいさつに、郵政関係者ら約7千人が詰めかけた会場の愛知県体育館(名古屋市中区)は万雷の拍手に包まれた。

 小沢氏は、「7月に参院選もある。従来以上の支援をお願いします」と、支援要請であいさつを締めくくった。局長会は国民新党を支持しているが、小沢氏は国民新党が候補者を立てない選挙区での支援を望んでいる。

 国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相も総会で「担当大臣として、一日も早く成立するよう努力する」とあいさつしたが、小沢氏への拍手は亀井氏を上回った。

 民主党の局長会へのすり寄りは、小沢氏だけではなかった。郵政法案を審議する参院総務委員会の委員長、佐藤泰介氏(民主党)も総会で、「(今国会の)最終盤に相当、強引なことをやらなければいけないと思う」と語った。中立的な議事運営を建前とする国会の委員長が、審議入り前から法案の強行採決を示唆するのは異例だ。

 郵政票がほしい小沢氏は10日夜、都内で会食した亀井氏に「地方に行くと、局長会は国民新党と民主党が一緒になってほしいと言っている」と両党の合併さえ持ち出した。亀井氏が断ると、その代わりというわけでもないだろうが、小沢氏は「参院選で、うちの新人を重点的に応援してもらいたい」と求めた。

 民主党の石井一選対委員長は先週になって、国民新党に新人を含む61人分の推薦要請リストを示し、「宮城、愛知、兵庫の3県で、特に新人をお願いしたい」と伝えている。小沢氏は改選議席が2以上の選挙区で、自ら主導して新人を擁立してきた。民主党内では「小沢チルドレンに郵政票をつけて勢力拡大をはかるのか」(中堅)と警戒する声も上がっている。

【関連記事】
「小沢反抗」への報復? 静岡県連に活動費支給停止
雨でも関係なし! 橋下新党勝利にうなだれる既存政党
喉から手が出る郵政票 小沢氏、法案成立を約束 
「姑息だぞ」“死に体”首相、相手にされる?鳩山延命策
「小沢氏、今辞任しても結果変わらず」 民主・石井選対委員長
中国が優等生路線に?

児童買春担当の警官が女子中学生とわいせつ行為/神奈川県警(カナロコ)
西宮市議補選で開票トラブル、疑問票を二重入力(産経新聞)
傷害致死容疑で男を逮捕 足立の路上遺体 警視庁(産経新聞)
<蜃気楼>富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に(毎日新聞)
自転車専用通行帯に路上駐車相次ぐ 利用者からは不満の声(産経新聞)
コンテントヘッダー

青木氏長男の擁立を批判 河野太郎氏(産経新聞)

 自民党の河野太郎幹事長代理は18日の党役員会で、夏の参院選島根選挙区に青木幹雄前参院議員会長の秘書で長男の一彦氏(49)を擁立するのは世襲にあたるとして、「なぜ公募を行わなかったのか」と激しく異を唱えた。河野氏は、昨年の総裁選などで青木氏の政界引退を要求していたが、役員会では「青木氏はタイミング良く倒れられた」とも発言。青木氏と同じ額賀派の茂木敏充幹事長代理らが「病で倒れたのに失礼だ」などと反発した。

 党島根県連は同日午後、党本部に一彦氏の公認を申請した。

【関連記事】
参院のドン・青木氏の後継者は長男
参院のドン・青木氏、引退へ 派閥政治の終焉を象徴
石破氏「心理的ダメージ」 青木氏不出馬で
自民・青木前参院議員会長、参院選に出馬せず 脳梗塞、引退か 
政界に驚き 大島氏「青木氏の報告待つ」、輿石氏「残念だが体調では…」
中国が優等生路線に?

レジ袋6557万枚を削減! 九州7県、今年度もキャンペーン (産経新聞)
特捜部の捜査はどうなる? 小沢氏3回目の聴取 検察審査会の結論は…(産経新聞)
初の金星探査機 きょう打ち上げ(産経新聞)
【風】「女の生き方」海外は?(産経新聞)
成人年齢、早期引き下げ困難=千葉法相(時事通信)
コンテントヘッダー

鳩山首相が塗料かけられた祖父の墓にお参り 現場を確認(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は6日午前、東京都台東区谷中の都営谷中霊園に公用車で駆けつけ、塗料がかけられた祖父、故鳩山一郎元首相の墓の様子を確認した。規制線が張られ、物々しい雰囲気のなか、首相は墓の前に立ち、手おけから水をすくってかけ、両手を合わせ深々と頭を下げた。

 除去作業を行った作業員によると、塗料はアクリル性のスプレーによるものとみられ、薬剤やブラシなどを使い約2時間にわたり作業を行った。

 つつじを見るため散策していた埼玉県蕨市の無職、池田朋禧さん(72)は「政治とお墓は別でしょう。世の中、変わった人がいっぱいいる。でも、鳩山さんももうちょっとしっかりしないとね」と表情を曇らせていた。

 関係者によると、6日午後には鳩山家の関係者が墓参するという。

【関連記事】
故鳩山一郎元首相の墓に黄色い塗料 東京・谷中霊園
普天間問題で首相 「最低でも県外」は「努力したいという思い」
広がる不信、怒る沖縄 首相に「ヤマチラカチ、ヌースガ」の声
「名に恥じない仕事を」 首相、祖父の墓前で報告
裁判所庁舎に赤い塗料 女性2人から事情聴く 東京・霞が関
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

首相、徳之島移転案を表明=3町長は拒否-普天間移設(時事通信)
憲法施行63年 西岡武夫・参院議運委員長「違法状態…極めて遺憾」(産経新聞)
中国船、日本のEEZ内で海保船に接近 外務省が厳重抗議(産経新聞)
<仙台教諭殺害>血痕の足跡数百メートル 引きずった跡も(毎日新聞)
鮮やかな紫色…カキツバタ見ごろ 大田神社(産経新聞)
プロフィール

ミスターとしひこひやま

Author:ミスターとしひこひやま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。